金融ITフォーカス

金融ビジネスの最新トレンドについて市場環境、金融機関経営、業務改革などの観点からトピックを提供

金融分野の定量分析を専門とするクォンツ人材とITソリューションの開発を専門とするシステムコンサルティング人材が相互に連携して、金融・証券ビジネスの視点に重きを置いたトピックスをメッセージの形でお伝えする月刊誌です。

    発行時期 : 毎月5日発行(原則)
    誌型   : A4版・16ページ(通常)

メールマガジン「NRI金融ITイノベーション研究部 新着情報メール配信サービス」を2009年12月より開始しました。ご希望の方は、以下のボタンからご登録ください。

メールマガジンを申し込む

最新刊

2017年5月号

アングル

コインランドリーの店舗数とクリーニング代の支出額

金融×IT鼎談

Srei Infrastructure Finance スニル・カノリア氏×NRIインド 金 惺潤×NRIインド サニー・ゴエル(0.99MB)

金融市場

米国金融規制改革のゆくえ(791KB)

大崎 貞和

米国のトランプ新政権が打ち出す成長志向の経済政策や規制緩和への期待感は強いが、政策実行力への懸念も高まっている。
金融規制をめぐっても、一部で期待されていたような大胆な規制緩和が実現するかどうかは極めて不透明である。

リスク管理

高まるサイバー演習の重要性と有効活用のための考え方(922KB)

平塚 知幸

金融業界に対するサイバー攻撃の脅威が高まる中、各国政府レベルで金融業界における対応能力強化が意識されてきている。
特にサイバー演習は有力な強化手段として位置づけられており、日本を含む各国政府が参加機会を提供しているが、有効活用のためには、目的の明確化など事前の準備が肝要である。

リテールビジネス

資産運用ビジネスに変化をもたらす積立NISA(816KB)

金子 久

2018年1月より積立NISAを導入するのに先だって、金融庁は対象商品の要件を定めようとしている。これは長期・積立・分散投資に適切なファンドとしてお墨付きを与えることを意味しており、徐々に、資産運用ビジネスそのものに影響を及ぼす可能性がある。

金融インフラ

適用可能性が高まる業務効率化ロボット・AI(782KB)

片岡 佳子

このところ、バックオフィス業務の効率化を企図したロボット・AIの金融機関への導入の動きが活発化している。この背景には、金融機関における実需の高まりと共に、ロボット・AI技術の適用が容易になっていることがある。

中国金融市場

中国の積極財政への依存と注意点(846KB)

神宮 健

中国では金融政策が中立的になる中で、財政政策の経済成長下支えにおける役割が大きくなっている。そうした中、地方財政の透明化には一定の進捗が見られる一方、一部の地方政府では依然として隠れ債務の懸念がある。

数理の窓

新型クルーズトレインを2倍楽しむためのヒント(651KB)

金島 一平

本文はPDFファイルで収録しております。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

バックナンバー

2004年から現在までのバックナンバーをご覧いただけます。

年を選択
月を選択

発行形式

発行時期 毎月5日発行(原則)
誌型 A4版・16ページ(通常)
購読形態 販売はしておりません。当サイトよりご覧ください。

お問い合わせ先

『金融ITフォーカス』編集事務局

E-mail: focus@nri.co.jp

※当サイト及びそのコンテンツに関する著作権は、特段の記載がない限り、株式会社野村総合研究所に帰属します。