健康経営

NRIでは、社員が健全にいきいきと働き続けることが、組織の活性化と持続的な成長に不可欠であると考えています。
長時間労働を抑えワーク・ライフ・バランスの向上を促進し、自身の健康や家庭生活も大切にしながら能力を十分に発揮できる環境を目指しています。

健康経営

NRIは、特に優良な健康経営を実践している法人として、2017年2月21日に経済産業大臣より「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度は、2016年度に創設された認定制度で、「経営理念」「組織体制」「制度・施策実行」「評価・改善」「法令順守・リスクマネジメント」の観点で審査が行われます。
NRIは、第1回目の認定企業として、大規模法人部門における認定を受けています。

経営優良法人2017 ホワイト500

NRI健康宣言2022

野村総合研究所は、社員一人ひとりが自らの健康に対して正しい知識・認識に基づき、長期的なQOLの向上に積極的に取り組むことを支援します。

■ 活動目標

NRI健康宣言2022 活動目標

■ ワーク・ライフ・バランスの向上

NRIグループは、社員が活躍でき、かつワーク・ライフ・バランスを実現できる職場環境の整備に取り組んでいます。育児・介護関連の制度については、一層の分かりやすさと使いやすさを目指し、拡充や改善を行っています。また、NRIでは、仕事を効率的に行う一方で仕事以外の時間を確保・充実させることをテーマに、2006年度から「スマート・ワークスタイル・キャンペーン」に全社的に取り組んでいます。退社時間や休暇取得などについて会社が指針を設けるのみならず、主体的に自分の時間をマネジメントすることを推進しています。

■ NRIの健康管理に関する状況

すべての社員に定期的な健康診断や人間ドックの受診を指示しているほか、健康管理室では、産業医が社員の健康相談に応じています。また、事業所内喫煙スペースの閉鎖や禁煙サポートなど、社員の健康づくりを応援しています。

2016年度の状況
定期健康診断受診率 100%
定期健康診断有所見率 45.4%
喫煙率 17.0%
運動習慣者比率 15.9%

労働安全衛生

NRIグループでは、社員に安全で健康的な職場環境を提供することを目標に、長時間労働の削減、深夜勤務の削減、有給休暇取得促進などに努めています。

■ 労働時間管理に関する状況

2016年度の状況
労働者の一ヶ月あたりの平均残業時間 27.8時間
有給休暇取得率 70.6%