フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ ニュース お知らせ一覧 NRIが発行した豪ドル建の社債がトムソン・ロイターの「DEALWATCH AWARDS 2017」を受賞

お知らせ

NRIが発行した豪ドル建の社債がトムソン・ロイターの「DEALWATCH AWARDS 2017」を受賞

2018/05/28

株式会社野村総合研究所

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、2018年3月に第1回豪ドル建無担保普通社債(カブキ債)を発行しました。この社債が、トムソン・ロイター・ジャパン株式会社(以下「トムソン・ロイター」)が毎年選考・表彰する「DEALWATCH AWARDS 2017」(ディールウォッチ・アワード2017)において、社債部門の「Innovative Debt Deal of the Year」を受賞し、5月23日に表彰式が行われました。

<表彰式にて:左から、IFRアジアSteve Garton(スティーブ・ガートン)編集長、野村證券新田部長、NRI横山常務執行役員(中央)、NRI経理財務野崎課長、DealWatch米田編集長>

このアワードは、日本に関連する資本市場の育成・拡大に資することを目的として、トムソン・ロイターにより設置されたもので、資本市場の発展のための貢献や創意・工夫などが主な選定基準です。選定においては、引受証券会社や投資家へのアンケートを基に候補を選び、最終的にトムソン・ロイターのDealWatch編集部が授賞案件や授賞者を決定します。 NRIが受賞した理由は、「国内企業による外貨建て国内公募普通社債『カブキ債』の発行は今世紀初めてのケース。国内発行によって、少額での機動的な外貨調達を実現させた。日本語でのドキュメンテーションにより事務負担やコストを抑える一方で、投資家の外貨運用ニーズにも応える案件となった。今後の国内社債市場の国際化を後押しする好例となる可能性を秘めている。」です。

NRIの横山賢次常務執行役員は、「本社債の発行には、外貨を取扱うシステムや事務処理の体制が必要で、引受証券会社や社債管理者に尽力いただいた。今回の受賞理由にあるように、構想段階から、国内社債市場の国際化を後押しするものと考え、社会価値の創造や、NRIのCSV(Creating Shared Value)活動の一環として取組んだもので、関係者の共感と協力を得ることで成し得たと思っている。本取組みが資本市場の発展に資するものになることを願っている。」と話し、参加した市場関係者に本社債の発展を呼びかけました。

■関連URL

・トムソン・ロイターのお知らせ 「トムソン・ロイター DealWatch、2017年度の「DEALWATCH AWARDS」を発表」:
http://online.thomsonreuters.com/dealwatchawards/assets/DealwatchAwards2017.pdf

・NRIのお知らせ「普通社債発行に関するお知らせ」:
https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/info/cc/2018/180316_1.pdf

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

お問い合わせ

お知らせに関するお問い合わせ

株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 十河、小松
TEL:03-5877-7100
E-mail: kouhou@nri.co.jp